妊活必須サプリ、葉酸って・・・?

「赤ちゃんを迎える準備できていますか?」

普段テレビをほぼ見ないのですが、
先日30分ほど、テレビを付けていた時に
流れてきた葉酸サプリのCM。

妊娠を希望するなら摂取した方がいいと
言われている葉酸。

どういいの?

ご訪問ありがとうございます。
石井えりです。

まず、葉酸についてご説明いたします。

葉酸とは、水溶性ビタミンの一種です。

よく、「ほうれん草を食べた方がいい。」
と言われていますが、

1941年にほうれん草から発見され、
葉はラテン語で「folium」ということから
「folic acid」と名付けられました。

それを和訳し、日本では「葉酸」と言われています。

葉酸の働きとして、
主に

●造血作用

●細胞分裂のサポート

●綺麗な髪や肌を維持

●自律神経を整える

●老廃物の排出を助ける

これ以外にも
葉酸の更なる秘密を見つけちゃいました!!

心臓病の予防、
子宮頸癌の予防、
貧血の予防、

なんと!

子宮頸癌の予防にもいい事が発覚!!

あ、ちなみに賛否両論ある子宮頸癌ワクチンですが、
こちらは私的には・・・。

早速、テレビCMで流れてきた葉酸サプリをポチっています。

これらが、赤ちゃんの大切な器官を作ったり、
妊婦さんが、赤ちゃんに送るのに必要な血液を
増やすのに使われます。

妊活中の方は、葉酸っていつから飲み始めたらいいの?
葉酸が直接赤ちゃんへの影響について。

 

◉赤ちゃんの先天性障害のリスクを下げる

赤ちゃんの先天性障害のひとつに
神経菅閉鎖障害があります。

妊娠初期に葉酸を十分に摂る事で、
この発症リスクを70%〜80%下げる事ができるとされています。

 

 

◉葉酸摂取の必要な時期って?

厚生労働省では、妊娠1ヶ月〜3ヶ月の女性に葉酸を毎日摂取するように
呼びかけています。

(妊娠1ヶ月って正直、着工時期ですよね。)

妊娠4週〜7週は赤ちゃんの大切な器官の成長が物凄いスピードで作られます。

また、先天性障害は、12週までに細胞分裂が正常に行われないために発生します。

妊娠に気づいて、婦人科を訪れる妊婦さんの6割以上の妊婦さんが7週目あたり。

(ドラマでよくあるつわりで気づく・・・は結構経っている)

この時点で、中枢神経、四肢、心臓、などが7週までにほぼ完成します。

この事から、妊娠前から葉酸を摂取した方がいいと言われています。

 

 

私としては、一度子宮頸癌にかかったら、
もう一生大丈夫か、と言ったらそうじゃないので、
葉酸を今から摂取します。

 

これからいつか子供を産みたいと思っている方や
妊活中の方には葉酸摂取をおすすめします。

 

次回は、もっとある葉酸のメリットと
葉酸のデメリットについても記載します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です