ママのおなかを選んだわけは・・・

ご訪問ありがとうございます。

石井えりです。

 

 

今日10月13日は、私にとって特別な日。

 

 

 

私の子宮にがん細胞があるよーーー!って

教えてくれた親思いの

赤ちゃんの出産予定日。

 

 

 

手術して、丁度1ヶ月半後の10月半ばの日。

 

 

女の子の赤ちゃんを出産する夢を見ました。

 

 

あれ?なんだったのかな〜?

そいえば今日って・・・?

なんと、流産した我が子の出産予定日だったのです。

 

 

女の子だったんだ〜。

 

 

 

 

そして、夢の中で産まれてきてくれてありがとう。

って思いました。

 

 

 

この翌年から、 夢で会えないかな〜。と

思っていたのですが、それ以来は会えず。

 

この話を友人に話したところ、

「潜在意識は覚えていたんですね。」

って。

え?私が?

赤ちゃんから会わせてくれたのかと

思っていたのですが、

私の中の母親であった

潜在意識から。

夢で会えたのかな。

たった3ヶ月だったけれど、

私の中の母性は確かに存在していたのかな。

先日実家に帰った際に見つけた一冊。

 

{7EB0986E-3B88-4EC2-A48A-84E5EF6FEC6B}

 

帰りの電車の中で、

泣くのを堪えながら読みました。

(この手の本は外で読むのは

オススメしませんね。)

 

赤ちゃんは

親を選んで生まれてきます。

中でも読んでいてびっくりしたのが、

胎内記憶の話をするお子さんにしたお母さんの質問に対して。

子「僕は、ママが可愛いからきたんだよ。神様が背中を押してくれてここに来た。」

 

母「どうして神様は、赤ちゃんをいじめるような悪いママのところにも赤ちゃん

をいじめるような悪いママのところにも赤ちゃんをあげてしまうの?」

子「怖いママにはさー、もっと可愛い赤ちゃんをあげるんだよ。」

 

母「どうして?」

 

子「うーん・・・。可愛いといじめないから。そういうママはかわいそうだから。」

5歳の男の子の胎内記憶から

「子は親を選べない」これは母親と私が喧嘩する時に

母に言われていましたが、

子は親をちゃんと選んで生まれてきてるんですね。

{6525D346-56F0-4FE5-BB97-E3D1BFFEB30B}

 

この世に産まれることができなかった赤ちゃん。

お母さんはいつだって自分を責めてしまう。

それが胎児側に原因があったとしても。

だけれど、一度でもきてくれたのだから、

「ありがとう。」

って見送ってあげるのも大事なのかな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です