母の命、か、子の命、か。

ご訪問ありがとうございます。

石井えりです。

 

 

昨日は「コウノドリ」を見て
開始5分で号泣。

 

妊娠中に子宮頸癌が見つかって、
子宮全摘を薦められて、

 

赤ちゃんのいのちと
自分のいのち、
どっちを選ぶのか…

 

 

これは女性からすると

苦渋の決断です。

 

 

女性にとって、

自分の体の中に

「今生きているいのち」

を諦める事は

 

この先の一生残る後悔になり得ない。

 

 

ドラマの中で、
旦那さんが奥さんに掛けていた、

 

「子供が産めるから結婚したわけじゃないよ!
子供が産めなくなったとしても(俺は)変わらないよ!」

 

って
当時の記憶が鮮明に思い出され
自分と被り、

 

あーあの時って本当に
パートナーの存在って大きかったよなー。って思い出しました。

 

 

 

私は産む事は出来なかったけれど、
赤ちゃんが教えてくれたこと。

 

 

お母さんの子宮に癌があるよー。
って伝えてくれた。

 

 

ドラマの中では、円錐切除手術をして、

大丈夫だろう、って思っていたら

子宮全摘しないといけない、ってなっていたけれど、
子宮全摘したら、今度は更年期障害に追われないだろうか。

 

私は逆で、
円錐切除手術で済めばいいのだけれど…

って先に先生に子宮全摘を示唆されていたさら
流産に続き
子宮全摘なんて
耐えられない、って思いました。

 

 

 

 

 

せめて、一人。

せめて、一人だけでも。

産みたい。

産まないのと、

産めないのは

大きく違う。

 

 

 

女優の原千晶さんは、

子宮頸癌の後に腹痛や不正出血をほっといていたら、
子宮体癌になっていて、
子宮を全摘出。

 

全摘した後は、火照りやすかったり、
太りやすくなったり。。。

 

子宮は、脳からの指令でホルモンが動いて

生理を起こさせるわけだから、

その子宮を摘出となると女性ホルモンが分泌しなくなる。

 

 

女性ホルモンが分泌されなくなると、
髪の艶が減ったり、
女性らしい身体から太ったり、
「女性」らしさが減っていきます。

 

あ、あと物忘れもしやすくなります。

 

年配の方(閉経後の方)で、
女性なのか、
男性なのか、
わかりずらい方いますよね?

 

それは、(元々の造形なども影響するかと思いますが)
女性ホルモンが分泌されなくなったから。

 

だから、生理が来る事によって、
女性は「女性」でいられるんです。

 

あの時、もしも私の癌がもっと根深かったら、

と思うとゾッとします。

 

 

本当に小さな命に感謝します。

 

しかしながら、ドラマであるにせよ、
女性は強い!
といいますか、
母は強い!

 

「守りたい存在がいる」

 

その、守りたい存在の為なら

何でも乗り越えていける女性は強い。

 

これは、「子宮」がある
女性にしかない強さだよなぁ。

久々に唇が震える程の号泣でした。

こちらのサイトでも、
私の子宮頸癌や流産の事を記載していた

アメブロを読みやすく改良して載せていきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です