布ナプキンは選択肢の一つ

布ナプキンは選択肢の1つ

ご訪問ありがとうございます。
石井えりです。

私は布ナプキンを使って生理痛が和らいだり、
経血が減ったり、
彼との相性が良くなったり、

いい事づくめを身をもって感じているから

もっと沢山の人に使って貰いたいって思って活動をしています。

ただ、ここで
大事なことを一つ。

布ナプキンは魔法のナプキンじゃない。

実際、購入して使用している方々から

生理痛が軽くなった
生理周期が整った
生理期間が短くなった

などと
個々の感想を頂くのですが、

布ナプキンを使ったからって
全員が全員すぐにそのような症状が暖和されるのか?と言ったらそうではないし、
医療品ではない。

寧ろ、日本の規定の漂白をしていないから
衛生用品扱いはされない。

生理痛が重い。
経血が多い。

って悩みの方からしたら

えぇぇぇっ!!?

って衝撃かもしれないけれど、

使ってみる価値はあると私は思います。

実際、紙ナプキンが普及してから
女性器のトラブルが増えてるから。
要因はそれだけじゃないけど。

紙ナプキンが普及して、
それと共に便利さも増えたのも事実。

ですので、紙ナプキン、だめ!絶対!
って言うわけではありません。

そのまま紙ナプキンを使うだけの人生より
布ナプキンという選択肢がある、という事を知って、
使ってみて、どれを使うかあなた次第です。

ただね、
経血が多かったり、
生理痛が激しい、
だけど病院では異常なし、
だった場合、

そこは子宮の問題じゃないんだ。

あなたの生活を見直す時だと思う。

クスリは逆から読むとリスクになるように、
細胞を壊して痛みを和らげる代わりに
壊さなくていい細胞まで壊す。

血液の質が悪くなると内臓にまわり、病気になりやすいので、体からのサインを見逃さないで。

子宮はカラダの中で代わりの効かない臓器である前に、
あなたの代わりもいない事、忘れないで欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です