「布ナプキン」って何・・・?

ご訪問ありがとうございます。

布ナプキンアドバイザー石井えりです。

 

本日は、「布ナプキン」って何??

「布ナプキン」のメリット・デメリットについて

ご説明させていただきます。

「布ナプキン」

とは、布で出来たナプキンですが、

お食事の時に使用するナプキンではなく、

生理の時に使う布で出来たナプキンです。

ナプキンと言うと、生理時のみですが、

布で出来たデイリー使いの出来るライナーもご用意してあります。

毎日、下着を着ける感覚のように毎日着けるのが楽しくなるような

胸がときめく可愛い布ライナー、布ナプキンライフを楽しんで貰えると嬉しいです。

さて、布ナプキンと紙ナプキン、

何が違うの?

メリット

❤︎ムレにくくかぶれづらい

石油原料で作られている紙ナプキンは時間が経つと、最下層のビニールに閉じ込められた経血や汗に雑菌が増殖することであの独特で嫌な臭いが発生。

通気性が良く、水分を適度に蒸発させる布ナプキンはムレにくいため使い捨てナプキンよりも臭いにくいです。

また、ムレを防ぐことによってかぶれ、 かゆみの軽減効果に繋がるかと思います。

❤︎冷えずらく、あたたかい 温活妊活にも♪

紙ナプキンは血液を凝縮させる高吸水分子(ポリマー)がメインの吸収体として、使用されています。

この成分が「薄く・軽く・吸引力」まである紙ナプキンの正体。

熱さまシートにも使われています。

吸熱(冷却)効果があるので、ムレているのに冷えている、と言う不快感に繋がります。

布ナプキンは布の合間から空気の出入りがあるので湿気は外に出て行きます。

生理痛も生理不順も大きな原因は体の 「冷え」からと言われています。

体の熱を生み出すのは「筋肉」

筋肉が少ない子宮周りはただでさえ冷えやすいのです。

子宮の中の血の巡りが悪いと子宮の働きが鈍くなり、生理の時の経血をうまく排出出来ずに、生理痛の原因、子宮内膜症の原因にもなりえます。

また、卵巣の機能が低下することで女性ホルモンの分泌が乱れ、生理不順や不妊にも

繋がります。

布ナプキンであたためらられた子宮は生理時に生理痛の軽減にも。

因みに私は、生理痛がなくなりました!

❤︎職人さんによる手作りなので安心

紙ナプキンは、製造過程、塩素漂白の過程でダイオキシンが発生している言われています。

このダイオキシンを直接子宮に当てることで子宮内膜症や流産、死産に繋がる原因にも。

また、産まれてくる子供のアトピーやアレルギーの要因にもなります。

布ナプキンは、基本的に職人さんの手作りなので、子宮にも環境にも優しい♪

 

❤︎デザインが豊富で選ぶのが楽しい

紙ナプキンは相違いのない横並びのデザインですが、布ナプキンは種類が豊富♪

ただでさえ、気分の落ちやすい生理期間。

少しでも楽しくなれるようにデザインが豊富。

朝起きて、「今日はどれにしようかな♪」と選ぶ楽しさが増えます。

 

デメリット

❤︎使い捨てれない

紙ナプキンは使ったら捨てる。と言うのが普通ですが、布ナプキンは

洗って繰り返し使えます。

「え!洗うの??」と最初は衝撃かと思います。

個人差はありますが、布ナプキンを使うと自然とお手洗いの時に流れていくように経血をコントロール出来るようになるので、経血の量が減ったように感じます。

紙ナプキン時の独特の臭いがなく、またその日の経血量を自分で「知る」ことが出来ます。

自分の身体から排出されたものです。

その日その日の健康チェックにも繋がります。

また、友人宅や彼の家に行った時、捨てる遠慮が省けます。

臭いが軽減されるので、使用した紙ナプキンを持ち歩くのとは大きく異なります。

また、出先のお手洗いによっては、触りたくもないようなサニタリーボックスもありますが、一切、気にしなくなります。

あの、サニタリーボックスを開ける臭いの衝撃といったら・・・。

❤︎洗う手間

上記と少し重なりますが、毎回洗うなんて・・・とお思いになるかもしれません。

布ライナーですとお風呂に洗う際、さっと洗い、

布ナプキンですと、さっと経血を洗い流したら

あとはお水とアルカリウォッシュ(布ナプキンに優しい洗剤)に浸けて寝るだけ。

翌日さっとお水をを捨てると、経血が綺麗に流れていくのがわかります。

洗う際は、公共の場ではお控えください。

また、血液ですので、ごく稀に血液感染の恐れがあります。

ご家族の手に触れないようにして、必ず使用した人が洗ってください。

また、共有はしないでください。

 

❤︎手軽に購入できない

万が一、急に生理になっちゃった!そんなとき、ありますね。

個人差はありますが、布ナプキンを使うようになってから生理不順が改善された私は

そろそろかも・・・と思ったら、可愛いデザイいの布ナプキンをポーチに忍ばせて持ち歩いています。

 

❤︎初期費用がかかる

ワンクールの生理時の布ナプキンを揃えようとすると、10,000〜30,000円掛かります。

ただ、毎月安価に感じる使い捨てナプキンをずっと使い続けることを考えると、

布ナプキンは平均して3年程持ちますので、結果経済的です。

最初に一気に買うより、少しずつ買い足し自分には何がどれだけ必要なのか、

一番知ってているのはご自身の子宮です。

昔は一人の女性が子供を産む人数も多かった為、一生のうち、生理期間というのがそう長くはなかったのですが、少子化な今。

女性の生理期間は平均すると7年間分とされています。

その7年、お金をかけて子宮を冷やすよりも、初期費用はかかるけども、

一生付き合う子宮をあたためて、赤ちゃんのふかふかの温かい居心地のいいベット

を作ってあげたいですね♪

 

 

「メリット・デメリット」

何も神経質になる必要はないかと思います。

紙ナプキンの歴史は昭和30年後半から、とそう長くはありません。

女性進出と共に手軽に使える紙ナプキンが普及されるようになりましたが、それと共に女性器のトラブルも増えました。

ストレスなどの要因もあるので、紙ナプキンが一概に理由とは言えませんが、

少しでもご自身の子宮の為に優しい選択ができれば。

また、未来に生まれてくる命のために、今できることからはじめてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です