生理前に増えるおりものの歴史と年齢別分泌量

ご訪問ありがとうございます。
石井えりです。

今日は子宮から【下りてくるもの】ということから

おりものと呼ばれれているおりものについて。

 

妊娠すると物凄くおりものの量が増えます。

それは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが

増える影響と胎内の赤ちゃんを守るためにおりものの量が増えます。

 

また、生理前にもおりものの量が増えますね。

しかし、生理終了後もおりものが多いとなると、

病気の心配があるので気をつけてください。

おりものといえば、おりものシート。

私も以前は使っていました。

「下着が汚れないし、匂い付きが多いからあそこがいい匂いになるよ♡
万が一、そんなシュチュエーションになったらトイレに流しちゃえばいいんだよ。」

ってキャバクラ時代の友人の勧めで。

今、おりものシートって匂い付き凄く多いですね。
私は匂いで決めてました。

因みに、Tーバックオンリーになったら、
バリエーションがなく、小林製薬からの
サラサーティーTバック用のみ。

って!!
無知って怖いです。

そもそも、シートから匂いが移ったら大問題。
そこまで強烈な科学物質が使われている、ということですし、
トイレには流さないで!!
詰まる原因になります!!

(実際、トイレに流したことはないです。)

おりものシートの歴史は意外と浅くて。
1988年に小林製薬から発売されました。

そんなに歴史は長くないにも関わらず、
バリエーションの多さ。

それだけ現代の女性はおりものの量が多くて

悩んでいるのかもしれないですね。

小林製薬からだけでもこんなに種類があります。

生理周期に関係なくおりものシートを頻繁に取り替えるのなら、
生活習慣が乱れているか、性器周辺に雑菌がいる証拠。

または、様々な病気が潜んでいる可能性があります。
(これは長くなるのでまた別記事に記載します。)

なので、おりものの異常は侮れないです。

また最近の下着は特にポリエステルなどの科学繊維を
多く使っており、通気性が悪く、雑菌が繁殖しやすいです。

その雑菌から性器を守るため、おりものが多く分泌されます。

見た目可愛い♪で選びたい下着ですが、
通気性を考えたら・・・。

でも、可愛くない下着は身につけたくない・・・。

可愛い下着を身につけながら、雑菌から身を守るためにも
可愛い布ライナー生活を推奨します♡

私はTバックの布ライナーを使用してますが、
もう布なしでは無理かも。

普通に履くと、ちょっと痛い。笑

そうゆうデザインなので仕方がないのですが。笑

因みに、万が一彼とそのようなシュチュエーションになってしまったら・・・
お手洗いに流さなくてすみます!

簡単に畳めて、とってもコンパクトになるので、
さっとポーチに忍ばせればOK!
(間違ってもお手洗いには流さないでね。)

さて、おりものの量についてですが、

初潮前、閉経後はほぼありません。

10代〜 生理が始まると、おりものも分泌されはじめます。量は少量。

20代〜30代前半 女性ホルモンの分泌が増えるため、量は多め。

30代後半〜 新陳代謝が低下し、老廃物が多く出されるため、匂いが出る人も。量は多め。

40代〜 卵巣の機能が低下しはじめ、おりものの量が減ってきます。

一番、女性器が潤う時期におりものの量、匂いが出やすくなります。

これは自然の流れなので、
この年代別を知れば少しは安心するかもしれませんし
エチケットを守って付き合っていく。

あなたの子宮を雑菌から守ってくれているわけですから♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です