「布ナプキン」流行で使わない方がいい理由

ご訪問ありがとうございます。

石井えりです。

 

「布ナプキン」

って流行っているのでしょうか?

 

 

私は流行ってるとは思ってないのですが、

先日、友達のホームパーティーにお呼ばれして行った時に、

「布ナプキン今流行ってますよねー。」

と、お伺いしまして・・・。

 

 

「布ナプキン」流行ってるの・・・?

 

 

流行ってる。ってことは、

そこまで紙ナプキンが及ぼす身体への悪影響。

これが広まっているのか。

 

紙ナプキンのムレやかゆみかに悩む方が多いのか。

 

生理痛に悩む方が多いのか。

 

子宮に対して考える人が増えたのか。

 

理由は人様々色々あるかと思います。

 

 

私が布ナプキンを初めて使ったのも

今年の4月。

 

いいと聞いていたけれど、なかなか踏み込めず、

ネットで買うとどれを買っていいかわからないし、

取り敢えず、店頭で話を聞きたい。と、

代官山にランチに行った帰りに代官山にある

布ナプキン屋さんに行った次第であります。

 

(実は一年前にも行ったことがあるのですが、店内の匂いが気になりすぐ退店してしまったのです。)

 

それから布ナプキンの虜になって買い漁ったのですが。

(ハマったらとことこんハマるタイプです。)

 

 

「布ナプキン」が流行っていることに対して。

 

機能性とか、

身体のこととか、

布ナプキンの良さを知って使っていただく分には大変嬉しいです。

 

ですが、「流行っているから」で使わない方がいい理由があります。

 

「流行り」で始める人は直ぐに「挫折」するから。

 

 

これって、私のようにSNSを使って起業した方にも言えるのですが、

「流行ってるから」とか「なんとなくキラキラしていそうだから」

という理由で始める方は直ぐにいなくなっているように思えます。

 

 

「起業」しても、「稼げなかった。」とか、

どこかの起業塾に入り、講師が自分の売り上げを作ってくれるかのように思い、「こんなはずじゃなかった。」

「あの人の塾に入ったのに売れなかった。」

(これは集客している講師が「直ぐに稼げます」とか言ってる場合は問題外)

などど、結果、誰かのせいにしたり、他力本願の故に講師のせいにしたり・・・。

 

夢見ていた起業活動に終止符を打つ。

 

動機が浅はかだと挫折が早いです。

 

例えば、本当に今の現状から抜けたい!や

やりたいことへの動機がしっかりしている方など

強い思いと覚悟がある人が残っているように思います。

 

 

話は逸れましたが、

 

「布ナプキン」流行で使わない方がいい理由。

もう明確になっているかと思いますが、

布ナプキンは洗って使います。

 

今まで、捨てていた物を洗うわけですから、一日5分程

手間がかかります。

(慣れれば5分もかかりません)

 

私はもともと下着も手洗いでしたから、その5分、

手間かけることに何の抵抗もありませんでした。

 

それより、初めて使った時の

暖かさ、生理痛の軽減、経血の減少、

こちらに感動したので

「洗うの面倒だな。」と思ったことがありません。

 

そして、何より紙ナプキンのことについて調べたり、

将来、赤ちゃんを産みたいですし、

私の年齢にもなると今後出産できる確率は

がくんと減るので、少しでも子宮に優しい環境を作りたい。

そう言った思いがあり、布ナプキンライフを楽しめています。

 

しかも布ナプキンの柄がかわいいから、

生理の時でも「どれにしようかな♪」って選ぶ楽しみがありますし。

 

ただ、これが「流行り」で初めてしまいますと、

「流行り」で使って

布ナプキンの心地よさを体感してくださるのは嬉しいのですが、

「洗うの面倒くさい。」

で、挫折してしまい、

「布ナプキン、洗うの面倒くさいよ〜。結局紙に戻るから使うのやめた方がいいよ〜。」

などとなってしまっては、とても勿体無い、と思うのです。

 

 

人には合う。合わない。がありますし、

絶対布ナプキン!っていうわけでもありません。

 

たまたま私は布ナプキンが身体に合って、

34年の生理不順にも終止符が打てて使っているだけで、

 

たまには紙ナプキン、とか

家にいる時、布ナプキンにする、とか

ご自身のライフスタイルに合わせて

選んで使うことを私はおすすめします。

 

布ナプキンが流行ってくれるのは正直、嬉しい。

もしかしたら、それまで物凄い生理不順や、

生理の度に薬が手放せない人や、

生理痛に悩んでる人が「知る」きっかけになり、

今まで億劫だった生理の革命が起こるきっかけになりえるかもしれないから。

 

 

正しい知識を得てから、使ってみてください。

 

いつでもご相談、承っています(^ ^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です