生理の度の痒みやかぶれ、「私の肌が弱いから・・・」って思っていませんか?

ご訪問ありがとうございます。

石井えりです。

 

皆さん、生理の時に痒くなったり、かぶれたり・・・

と言った経験、ありませんか?

 

私はあります。

正しくは、

ありました。

 

 

これ、フェ*ニーナ軟膏。

 

 

薬箱から引っ張ってきました。

 

 

この軟膏の年間売上高がいくらかご存知ですか?

以前、私が耳にしたのは

7億円、でしたが、

 

今や10億円!!

(35億まで頑張るか?)

 

それだけ、世の女性がかぶれやかゆみに悩んでいる、

ということがわかります。

 

 

 

紙ナプキンを使用していた時、

私の場合、(私が相当ズボラだということを公開してしまいますが)

 

紙ナプキンを

4日目以降の軽い日用

少し多い昼用

少し多い夜用

超ロングガード夜用

 

などと揃えるのが面倒で、

(経血がそんなに多くないというのもあり)

23センチの多い日の昼用で生理期間を

全部過ごした経験があります。

 

 

この楽チン♪が実は超ネック。

大は小を兼ねる、と言いますが、

生理用品で言えば、それはご法度。

 

 

 

1日目の夜から2日目の夜にかけて

経血が多いのでマメに交換します。

 

3日目以降は・・・?

 

経血の量がぐっと減るので、

通常2時間〜3時間で換えるところを、

まだ大丈夫♪と、5時間くらい・・・。

(はい、すいません。立ち仕事をしていた時なんて

お手洗いにすらなかなか行けない現場で働いていたので

吸収力を第一にしていたんです。)

 

ですが、

そうるす事によって・・・。

かぶれ、痒くなる。

 

生理の度に痒くなる。

 

そうして、薬局に恥ずかしながら購入しに行く。

 

 

 

1個1,500円前後の商品が10億円、って

一体、何億個売れているの!?

(すいません、計算弱いです。)

 

この軟膏が10億円って・・・。

 

しかも、年々売上を伸ばしております。

 

それだけ痒みやかぶれに悩んでいる女性が多いって事。

 

私みたいに長時間、交換しない場合は自業自得なのですが、

そうじゃなく、2時間毎、もしくはそれ以上頻繁に交換しているのに肌がかぶれる、痒くなる。

 

 

私の肌が弱いから・・・?

それとも免疫力の低下・・・?

などと思っていませんか?

 

その理由の多くの原因は

 

「ムレ」にあります。

 

経血を吸収した状態のナプキンを着け続ける事で、

どうしても湿った状態になります。

 

その状態で吸収されずに、ナプキンに残った経血や汗などが

肌を刺激すると、かぶれが起きてしまいます。

 

「ムレ」た状態の皮膚にナプキンが擦れると、炎症を起こしやすくなってしまいますし、「ムレ」た状態は何よりも細菌が繁殖しやすい環境でもあります。

 

そしてですね、使用している紙ナプキン、

原料に石油成分を使用しています。

この石油成分と血液が化学反応を起こして、

紙ナプキンを使用している間、

ずっと大事な部分に張り付いて、

かぶれの原因にもなります。

(べちゃっとした不快感なども)

 

今、紙ナプキンのCMなどを目にすると、

吸収量のアピールだったり、

長時間漏れない♪

などと謳っていますが、

そこに甘んじて使用しては

繰り返すかぶれから離れられず、

またフェミ*ーナ軟膏のお世話になる・・・。

そう言った悪循環になります。

 

生涯7年、軟膏のお世話になるのはちょっと・・・

と思いの方、

生理の度に、「かぶれる・痒みがある」

って憂鬱になる方は

生理用品の見直しから

はじめてみるのがいいかもしれません。

 

 

ただでさえ、頑張ってくれてる

子宮ですから、

少しでも居心地よくして、

未来の「いのち」のために

ふかふかのベッドを作りたくないですか❤︎

あなたの肌が弱いわけでも、

生理とは、そうゆうものなんだ、と思わずに

ご自身の子宮です。

 

大切に見直してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です