子宮頸癌円錐切除手術から3年経過

子宮頸癌円錐切除手術から3年…

気がつくと3年が経過していました。

手術したのは3年前の8月29日。

バタバタと過ぎる毎日に気がつけば…。

医師からは
「再発が最も高いのは2年」
保険屋さんからは
「2年以内は同じ癌にかかってしまうと癌保険がおりません。」


言われて

その2年が過ぎ。

3年が過ぎました。

子宮を失う、子供が産めなくなるかもしれない
恐怖と戦っていた日々から3年。

まさか3年後に
布ナプキンの販売を通して
女性の子宮の為の活動をしてる、
なんて思いもしませんでした。

あの日、現実から目を逸らさずに
癌と戦ってくれた私がいるから
今の私が在る。

過去の私に「ありがとう。」

 

人生は「まさか」の連続で。
次から次へと壁がやってくる。

以前はその「壁」を見ていたから
苦しくなっていたけれど、
今は「壁」の「その先」を見るようになりました。

私のやりたいことってなんだっけ?
どんな思いでやっているの?

そうすると、自ずと感じていた
「壁」はただの壁にしかならず、
越える事の苦しさより、
挑戦する事への楽しさに変わる。

人間、幻想のような悩みを作り出して
不安に駆られるけども、
健康な身体がある限り、
ある程度の事は乗り越えられます。

また「未来の私」から「ありがとう」
と言ってもらえるように。

布ナプキンを通して、
女性が女性として愛おしく
笑顔で過ごせるように
努めていきたいです。

もっと知ってもらえるように
頑張るゾー!!

そんな決意を新たにした9月1日でした。

病院からもあと1回。

「来年の検査で異常がなければ(来なくて)大丈夫。」

来年の春前にもう一度。

来なくて大丈夫。
と言われても、

自分の身体のことですから
検査には行きます。

先日、ユニクロのCMで
ローラさんが言っていましった。

「自分が自分を作る。」
「もう言い訳はしない。」

「あの時、検査に行っていたら。」
「もっと大切にしていたら。

と後悔しない自分でいるために。

今の自分が未来への自分と
未来の「いのち」のために

「いま」できることを。

子宮頸癌がきっかけで始めたアメブロ。

ワードプレスにも子宮頸癌の当時のことを
読みやすく改良して載せていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です